トヨタ 2006年モータースポーツ活動計画発表会 3.3都内
参戦カテゴリー
海外シリーズ
F1、NASCAR/トラックシリーズ/5チーム9名
*NASCARネクセルカップシリーズは2007年から参戦(写真)カムリをベース車両
国内シリーズ
スーパーGT:500クラス/レクサス4チーム8名(写真)スープラ2チーム4名
GT300クラス/MR-S 2チーム4名、セリカ 2チーム4名
フォーミュラ・ニッポン/7チーム13名(写真)
F3/5チーム8名
その他、Fトヨタ、FCJ、Nets等へ参戦
ヤングドライバーズプログラム


F1の仕上りについて 木下モータースポーツ部長
今オフは「空力」を最重点項目に挙げて、マシン開発、テストを入念に行った。昨年の同時期よりもはるかに良い
状態で、今シーズンこそ優勝を目指す。ライバルは、やはりルノーそしてマクラーレン、フェラーリも怖いのでは・・・・
今年はかなり自信を持っています。

TMG富田会長
今年は優勝しかないがどのタイミングで出来るか楽しみ。F1はトータルパッケージが重要で
シャーシ(空力)40%、タイヤ40%、エンジン20%で、そして今後、タイヤ部分のマッチングがポイントとなるだろう
FIAとの2008年問題について、もっと双方が知恵を出し合い、感情論にならずに対話すべきである。
メーカー側も反省点があるが、メーカーが無くなってはF1は成り立たない・・・開幕前までには落ち着かせたい
そして、新規参入のスーパーアグリチームへは、「くじけず、確実に成長してもらいたい」とエールを送った。