FIAが発表した2014年F1レギュレーションの主な変更点

1、DRSの使用がフリー走行と予選でもレースで指定された使用区域のみに制限される。
2、労働時間制限が6時間から8時間に延長され、シーズン中に2回の例外が認められる。
3、テクニカルレギュレーションでは、フロントウイングのたわみテストを厳格化
4、全てのシャシーの静荷重を引き上げる。
5、2013年のタイヤ重量増加を相殺するために最小重量を引き上げれる。
6、予選でクルマがトラック上に止まった際に容認された“不可抗力”を削除。
7、FIAは、マシンがピットに戻るために必要とした燃料量を決定し、1リットルの最低量サンプルに追加する。
8、ピットレーンでのF1マシンの走行を定めたレギュレーションの導入を2017年まで延期する。
9、F1チームが段差ノーズを隠すために特別なパネルをマシンに装着する選択権を持つ。